カテゴリ: 火曜・本の話

皆さんは本を読むときに「栞」を使いますか?


私は、超が付くほど・自他ともに認める

めんどくさがり屋なので、

本についている「栞紐」を使います。

時々、ハードカバーでも栞紐が付いていない本がありますね。

(すごーーーく不満!!)

ただ、新潮文庫だけは、栞紐を付け続けるそうです

でも、世論では「栞紐が邪魔」だと言う意見も多いようです。


さて。

「村上春樹・騎士団長殺し を読む」のシリーズです。

この物語は、ある男が主人公です。

その男には、妻がいます。

物語の冒頭で、男が妻に
「あなたと一緒に暮らすことはこれ以上出来そうにない」と言われます。

それは男にとっては予想もしない通告でした。

強い無力感に襲われた男は、妻と一緒に住んでいたマンションを出ます。

数か月の家出を経て、別の新居に住み始めてから、

妻に電話を掛けます。






妻:「ねえ、今どこにいるの?」

妻:「ねえ、最初にデートしたとき、私の顔をスケッチしてくれたことを覚えている?」

(男の職業は、肖像画家です。)

男:「覚えているよ」

妻:「ときどきあのスケッチを引っ張り出して見ているの。

   素晴らしくよく描けている。ほんとの自分を見ているような気がする。」

男:「ほんとの自分?」

妻:「そう」

男:「だって毎朝、鏡で自分の顔を見ているだろう?」

妻:「それとは違う」
  「鏡で見る自分は、ただの物理的な反射に過ぎないから」

私は電話を切ってから洗面所に行って、鏡を眺めてみた。
そこには私の顔が映っていた。
自分の顔を正面からまともに見るのは久しぶりのことだった。
鏡に見える自分はただの反射に過ぎないと彼女は言った。
でもそこに映っている私の顔は、どこかで二つに枝分かれしてしまった自分の、
仮想的な片割れに過ぎないように見えた。
そこにいるのは、私が選択しなかった方の自分だった。
それは、物理的な反射ですらなかった。




ここまでで冒頭から56ページです。

<選択しなかった方の自分>ってところで、

私、考え込んでしまいました。

それで、

今までの村上春樹作品を読み解くヒントがドバーッツともらえたような気がしました。


それから、

私が、今まで、「選択してこなかった方の自分」について考えてみました。

人は誰でも、たくさんの、いろんな場面で、大事なものや・ちっぽけなものの、

選択をしながら生きていく。

さて・その・選択をしなかった方の自分は・いったいどこにいるんだろう?

選択をしてきた方の自分は、本当にリアルの自分なんだろうか?

誰かを知らないうちに傷つけたり、

知っていながら傷つけたり、

それでも選択しながら、生きる。


うーーーーん、ほとんど落ち込むぐらい、暗ーく考えていました。


私、本当に雑なので、ポイポイ選択してしまうんですよね。

選択についての反省はしていないんだけど、

選択をしなかった方の自分については全然考えたことなかった。

選択をしなかった方の自分がいっぱい集まって、

村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

の「影」になってんのかな、って思ったりした。



<選択をしてこなかった自分>と言うのが、この物語の大きなテーマなんだな、

と、今回読み返して初めて気づきました。


改めて、ワクワクしながら読み進めています。

何度もこうやって深く読めて、本当に面白いぜ。

ぜひ読みたまえ!!







2018524_181459532

ラジオから、フリッパーズギターの「ラジオラジオラジオ」が流れてるよ。
全然、全く古くないなぁ。
さすが小山田&オザケン!!

さて。
この夏は「騎士団長殺し」再読する、と決めました。
それで、けさ、しげしげと表示を眺めていたら、初めて気が付いたのが
〈殺し〉だけ曲がってる!!
↑写真見て!定規あててみたよ。

ご存知でしたか?
私は、今住んでいる村で1番の《村上主義者》だと自負しておったんですが、
恥ずかしーー。

今朝まで全く気づかなんだ。

おまけに!
今、写真を撮るときに気付いたのが、〈一部と二部で、剣が違う!〉。

恥ずかしーーー!!

ご存知でしたか??


まぁ、言わずもがな(最近、このセリフ流行ってない?)
小説で大切なのは中身であります。

現に、私は村上春樹の小説でさえ、買ったら速攻で帯を捨てます!
邪魔だから!

しかし、今回の件は、軽く落ち込みました。
剣の違いに気付いた時は、笑えて来ました。

すごく理解しているつもりでも、
全然わかってないんじゃない?
まるでこの小説の主人公みたいね。


タイトルの〈殺し〉が斜めになっている意味、
剣が違う意味、
良く考えながら
ヒトナツかけて、じっくり読み込んで自分の物にしようと思います。


騎士団長殺しに出て来るキャラクターの中で、1番好きなのは?

せーの!
「騎士団長」!!
私にも、一人騎士団長が欲しい。
もしかして、もういるのかも。
もしかして、もう殺しているのかも。

昨冬、中国人のお友達が出来ました!!


冬中、一緒に働きました。


同じ空を見て、

同じ山を見て、

同じ仕事をして、

同じ職場に、同じ嫌な人がいて、

同じ職場に、同じ好きな人がいて、


同じ冷たい風に吹かれて「寒い」と言いあい、

同じものを食べて「美味しい」と言いあい、

同じ「女」で、

同じ「今を生きる人間」でした。


生まれたところも、育ったところも、食べてきたものも、

ぜんぜん、全然違うのに、

「でも、同じ気持ちを持っている」という事が、

すごく不思議で、涙が出そうなほど嬉しかった。


ジョン・レノンじゃあないけれど、
Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...


「人類、皆、兄弟」って。


それで、「この年になるまで、外国に友達もいなかったなんて、なんてもったいない」

と、悔しく思いました。

だから、息子たちには、外国に友達をじゃんじゃん作って欲しい。

ピース!!


それで、「国民性」ってことにすごく興味があったって繋がりで、

おススメの本。

715au956myL


NHK BSで放送されていた、関口知宏さんの鉄道の旅シリーズが 私はすごく好きで
(ああ、あれを一日中ダラダラ見たい、あと、「にっぽん縦断こころ旅」も、好き~)

この本を読んでみたら、関口さんが国民性について熱心に書かれていて

テレビでは、そんなに深い話はされていなかったけど、

心は熱いんだなあ・・と感動しました。

文章が、関口さんらしくて、すごく良かった。

この本は、とっても面白いよ!!

シリーズがいっぱい出ているので、全部読みたい!!


中国行きたい・・・・



こんにちは!


今日、息子たちが無事に進学・進級して、


「やっと春~~~~!!!」

大きな声で叫べます。

長男、無事に第一志望校に進学。高校生。

次男、中二。

三男、五年生。

高中小!!!

高中小!!!

もう一年、
高中小!!!

www


ちょっと、受験の話。
高校受験。
昨年12月、志高く、志望校をばしっと決めた長男。

おお、、、ずいぶん志高い、、、。
正直言って、長男の学力で受かるとは思えない学校でした。

慌てた私は、家庭教師を頼み、無事に合格できたのでした。
めでたし、めでたし。

もちろん、本人の努力あっての合格!!


それでね、ここらへんの、
「山の中、移住者多い目、町まで遠い」
受験生をお持ちのママ達におススメしたいのが

<家庭教師>。

何故なら、
・先生が、インテリの移住者が多い
・塾まで送り迎えするより、楽
・短期間なら、塾より安い
・自宅なら、家庭教師なら、サボれるはずもない


実際に、うちに来てくれた先生が、目も眩むほどの高学歴!!

そんな先生が、マンツーマンで教えてくれるって良い!!

長男は、家庭教師の先生のお陰で無事に合格できたのでございます。
もちろん、本人の努力あっての合格。!!



長男の大学受験から、センター試験が無くなるんですって。
よくわからんけど、
「親もしっかり勉強しなきゃ!!」って、今日の高校の入学式で思いました。






この冬・・・・
そんな受験生を抱えていたせいもあり、
私の出稼ぎ先が厳しい環境だったせいもあり、

「冬 捨てた」って感じでした。

色々な意味で「身分相応」って大事だと、強く実感しました。


そんな中でも、本を読んだ!!

71+jyP6Z2vL


_SX342_BO1,204,203,200_


IMG_20180313_140952








_SX342_BO1,204,203,200_

本の話。

「マーシャの日記」は、すごかった。

アンネの日記は、ホロコースト前だけど、

このマーシャは、ホロコーストを生き延びてから書いた日記なので

より、ホロコーストを理解できる。

強制収容所での日々。

「こりゃー、死んじまうよ!!」と思う事ばかり。

生き延びて、教えてくれて、本当にありがとう、と思える作品。

ぜひ!!ご一読を!!!




村上春樹も、翻訳二冊、この冬に出ましたぜ。
3・20にも一冊出てますぜ。




スティーブンキングの本も、欲しくてやっとゲット出来たぜ。
鼻息荒く読んだぜ、ドキドキするぜえ。





最後の「シンパサイザー」は、
ピュリッツァー賞、エドガー賞最優秀新人賞など六冠に輝いた傑作!

と言うコピーを見て、ゲットした一冊。

「私はスパイです。冬眠中の諜報員であり、秘密工作員。二つの顔を持つ男――」捕らえられた北ベトナムのスパイは、独房で告白をつづる。息もつかせぬスパイ小説にして皮肉に満ちた文芸長篇。」

ってことです。

読んでいる途中ですが、

リズムを掴むのに、150ページぐらいかかったぜえ。w

内容は、アメリカに対する表現がすごく面白いし
とても勉強になりますね。

長いけど、もうリズムを掴んだので大丈夫。


次に読みたいのが
_SX363_BO1,204,203,200_





この、スピンクシリーズ!!

町田康と、保護犬っていう、イメージがガラガラ崩れそうなタッグ。

かわいいーーー。

読みたい―。




それで、やっとにじカフェも始めます。

今シーズンは、週末も営業・・・の予定・・・w

営業日の正式は、ツイッターでご覧くださいませ。


明日から、小中高 の息子の母として、楽しむ&励む!

頑張ろうね、みんな!!







IMG_20180313_135734

冬、終わったね

お元気でしたか?

こちらは皆元気です。

部屋の片付けが全然はかどりません。

とりあえず、本を移動。本の背表紙を眺めて数十分経過…

文庫ってもう要らないんじゃないか、
キンドルにダウンロードで…
と思っていたら、

村上春樹が新刊を文庫で出す!!!!!!

と、言う暴挙、じゃなく快挙!!!!

『相変わらず、やることかっこいい』

IMG_20180313_140952
↑コレ!

面白かった。
ウェスタン小説って初めてだったけど、
男の人って、素敵だね。

潔く生きる事の意味に思いを馳せました。


以上!

春からのランチや、
冬の間読んだ本、

次回のブログにて、、、、


↑このページのトップヘ