カテゴリ: 火曜・本の話

fbLogo

来夏までに神田松之丞に会いに行く!!

DSC03995

↑昨日、図書館でこれを借りて、そう決めました。





年末、ダラダラお笑いのテレビを見ているところに
急に神田松之丞の講談が始まって、

中二の息子が
あの、よにはびこる中二の男子が!!
お母さん方が手を焼く、中二病じゃない方の本当の
中二の男子さえ
いや、興味なんてないですよ講談なんて
その息子さえも!!

読んでいた漫画から目をあげて
黙って真剣にテレビの画面を見ていた。

すごかった。
演目は宮本武蔵だった気がする。

「なんじゃこれは!?」と驚いた。


以来気にしてはいたのですが、

昨日、図書館を入ってすぐのところで、
↑の本が目に入った。

(それにしても、帯付きの本を借りるって
なかなか大変よ。
気―使うよー。
帯が全然止めてなくって・・
やめてー)

それで、よんでまたびっくり。
神田松之丞、ものすごい。

講談、聞いてみたい。

絶対に聞きに行く。



いつか、うちで、

講談か、落語

やりたい。

やります!!


(だれか、知り合い、いない?)

DSC03997

北海道の大地震の前に、

うちが30時間も停電になった。

ちょうど、

「私立で一番偏差値が高いであろう大学」
のゼミの人たちが合宿していた。

停電になっても、

水さえ出れば

うちは営業できるので。

営業できました。

ランチも営業できました。

嬉しかった。


DSC03998

「私立で一番偏差値が高いであろう大学」
の人たちのゼミは、
私がすごく好きな学問だったので

すごく聞き耳を立てていたのですが

「言ってること一個も分かんねーー!!」

チーンだよ。

すごいな。

同じ日本人と思えない。

停電しても、全然動じず


「電気が無くても

自分の蓄えている
言語で
しゃべって、
話し合って

蓄えている
知識で
教えあって

蓄えている
経験で
笑いあえる」

って、本当に素晴らしいと思った。




DSC03999

after dark

停電が終わって

電気で繋がってる世界が疎ましく

つまり

電話

ライン

メール

テレビ

パソコン

そんなものがさらにうっとおしくなってしまった。

めんどくさい、ライン。

って思ってたら、

ラインのログインに失敗し

アカウントが消えてしまったww

夏目漱石のスタンプを返せ―!!

だから嫌いなんだ!!




DSC04000
DSC04001
DSC04002
DSC04003
DSC04004
DSC04005
DSC04006
DSC04007
DSC04008
DSC04009






前回見逃して、ずっと見たかった
「おげんさんといっしょ」生放送で見られて良かった。

自由と音楽って、本当に素晴らしいね。

大人になってよかったな。

(レキシさんが言ってた、星野源≒aiko 面白くないですか?
私は、目がギョロギョロしてる人が好きだから、
音楽としては、源さんじゃなくてくるりが好きだけどね)




本の話。

「今までの読書史上、最高位かも」

の、本でした。

DSC03871




この本は、「面白い」と言う評判がよく聞こえたので、中古で入手しました。

著者のジョン・アーヴィングは、デビュー作を村上春樹が訳したこともあり

ずっとファンです。

(しかし「あの川のほとりで」が全然 面白くなかったんで
ちょっと、引いてたんですよね。
この「神秘大通り」も、評判が良くても{さ、それはどうかな?}
と、疑っていたのです。

たまたま、本屋で実物を見たら、あんまり表紙が美しくて、
冒頭を読んだらあんまりおもしろいんで、入手に至ったわけでございます。)


これは、すごくすごく面白くて、素晴らしくて、

私は「今後は、絶対に、面白い本しか読まないぞ」

と、改めて固い決意をしたのでした。


もっと多くの人々がこの本を読んだら、

本屋に売られている多くの他の小説は買われなくなるだろう。

この小説を読んだ若き作家達は、筆を置くかもしれない。

作家じゃなくて良かった。
これ以上に面白い小説を書かなきゃいけないプレッシャーと戦う勇気はない。

うん、とにかく面白かった。
ものすごく良い映画を見たみたいな満足感がすごかった。
色々な複雑な問題を抱えながら、
色々な人を亡くしながら、
それでも明るく物語は進む。
決して暗くならない。
すごい。ジョン・アーヴィング天才。
才能がないと、こんなすごい物語は書けない。
って、勢いで
DSC03872
次はこれを読みます。
そんで、「買ってはいけなかったシリーズ」
DSC03870

スイッチパブリッシング社さん、私は怒っている。
だいたいね、フランスの漫画家さんに頼んで、予定通り出版されるはずないでしょうが!!
「村上春樹の作品をマンガにする」シリーズ12巻の三冊目、
春に出るはずだったですよね?
今、夏ですよ。
きっと、途中で終わっちゃうんじゃないかしら?
マンガも、私のタイプじゃなかったし。
でも、もうお金払っちゃったし。
ま、いいや。オウエン読むわ。




4283

村上RADIOサイコーだった!!

(もちろん仕事で聞けなかったんだけど、直後に某tubeでUPされてて
丸ごと聞けたのでした。うp主、神だな!もう消されちゃってるけど)


最近、反吐が出そうなときに(もちろん比喩でございますよ)

車(高級車!)の雑誌「エンジン」で、村上春樹のインタビューを読んで
s_murakami-haruki_01b

久しぶりに、クリーンヒット
(全然関係ないけど甲子園長野県代表佐久長聖、一回戦突破おめでとう!)

の・いい気持になりました。


村上春樹の気持ちよさのいくつかは

・何に対してもフラットである(つまり偏見がない)

・自分を卑下したり、押し付けたりしない(つまりフラットな人なのだ)

・自分が偉いと思っていない(謙虚と言うか、何と言うか)。


それからの、ラジオだったので、すごく気持ちよかったのが倍増です。

気分が悪いときは「村上春樹」。おススメです。


それにしても(車雑誌のインタビューにて)

村上春樹、ゲレンデバーゲンに乗ってるらしい。

(私は主人の影響で車に少し興味あるんです。)

ゲレンデバーゲンって、

服で言ったら「やたら宝石が付いてるジャージ」ってイメージです。

だから私はゲレンデバーゲンが嫌いなんfだ―!!!!


でも、今後はゲレンデバーゲンを見かけたら運転手を必ずチェックしますw

(ゲレンデバーゲンじゃなくって、レンジローバーとか、マセラティとかにすればよくない?
なんであんな車に乗るわけよ?がっかりだぜ!!)





ラジオね。ラジオの話ね。


ラジオ、良かった~~~。

多分、一生忘れない。

「リスナーからの質問」コーナーがあったんだけど、

それの何一つ答えない村上春樹、かっこいい!!

答えをはぐらかす様子が「さすがの天邪鬼っぷり」。


村上春樹に、答えなんて求めちゃいけないね。w


ラジオの中でも、フェアでオリジナルで、天邪鬼で、謙虚でした。


村上春樹すごくかっこよくて、私も、こんな人間になりたいと思いました。





それで、村上春樹みたくなるために


最近

ジョン・アーヴィングの新作↓を入手したものの、


91edGFzCYpL

おもしろくて、作者の遺作にならないでほしくて、読み終わりたくなくて

ちょびっとづつしか読めていなかったんだけど、

そういうことはやめて、

・本をどんどん読もう と決めました。


自分が面白いと思う本だけを、

答えが書いてない本だけを、

これからもどんどん読む!!


オリジナリティーのある人になりたいから。



村上RADIO,音源化してほしいな・・・。














4年後に、18歳が成人になるそうですね。


我が家の長男は、4年後に20歳です。


次男は、4年後に18歳です。


わお!!


同時に成人になっちゃうの!?


不思議?おもしろい?楽しみ?

とにかく、4年後に二人とも親の保護から離れるのね。

嬉しいような。

嬉しいような。w

ご褒美みたいじゃんか!!


その日まで頑張って生き延びよう。






最近のニュース。

くるりが、新しい楽曲を「テープ」で販売しました!!

DSC03680


我が家には、カセットテープデッキがあるので、聞けます!!

かっこいいね、くるり。






街に出て、チェーン店の大きい本屋に行って、

誰もいない、<ハードカバー新作・海外>のコーナーで、

!!!サリンジャーの新しい本!!!!!

!!!サリンジャーの新しい本!!!!!
!!!サリンジャーの新しい本!!!!!
!!!サリンジャーの新しい本!!!!!
!!!サリンジャーの新しい本!!!!!
!!!サリンジャーの新しい本!!!!!

を見つけて、時が止まってしまった。

目を疑った。

「え?」「えええ?」「ええええええっ??」


私は、サリンジャーが<作家の中で一番好き>だった頃があって、

(多分、世界中のだれもが、そんな時期があるものでしょう)
(つまり、それが大人になんてなりたくない時期ってもんだ)

サリンジャーが書いた本は擦り切れるほど読んだ。


サリンジャーは亡くなっているけれど、

<幻の作品がある><それが出版される>
と言う、噂は聞いていた。

それが、目の前にあって、しかも発行日は手に取った前日じゃないか!!

わお!!




DSC03681

「これを読んだら、すべて終わってしまう」と思いながら、

読み始めたら、







つまんねえな!!

駄作だわ。

・・・・・というか、そんなの当たり前のことなんだよね。

駄作だから、ベストセラーになっていないんだよね。

改めて、サリンジャーに同情するし、愛おしい。

「キャッチャー」(ライ麦畑でつかまえて)は、

あんなにあんなに・あんなに、ものすごい作品なのに。

あれしか書けなかったサリンジャーは可哀そう。

あれを書いてくれたサリンジャーはカッコいい。



この本は、持っているべきではない。


きっと、サリンジャーはお墓の中ですごく怒ってるんじゃないかな。

この作品は、発表するに値しない。

あー、立ち読みしてから買うか決めるべきだった。






サリンジャーの新しい本を見つけて、目を泳がせていたら、

↓これも見つけて。


715gmrXuZSL


何と!!!

去年発売されてた!!!

村上主義者失格だー、私―・・・・。

これは、ゆっくり読みます。






たまには、大きい本屋に行くのもいいですね。






DSC03612
何でか改行が出来なくなった・・読みにくくてごめんなさいね。


にじカフェの宣伝も兼ねて(ほかに何を兼ねているかについては、長くなるので割愛)
「山麓新聞」と言うのを細々と書いていて、次で50号になる。
数か月前、ある方からお手紙を頂いた。
そこには
有機村で<山麓新聞>を見つけて、通じるところがあり・・」
その方は、山梨県北杜市の武川で無農薬のお米を作っていらっしゃる方です。
なぜ、有機村に山麓新聞が置かれていたのかは、全くの謎ですが
以来、にじカフェで使うお米は、その方のお米です。
それで、またお米を頼んだら、お米と一緒に写真が送られてきました。↑
田植えの風景ですね。その向こうには、八ヶ岳。
写真を見ていたら、泣けてきました。
嬉しくって。
田んぼと、八ヶ岳の間にある、山みたいのは「七里が岩」と言います。
私は、結婚してから9年間、北杜市大泉町に住んでいて、
結婚した年に長男が生まれ、二年後に次男が生まれ、その三年後に三男が生まれ、
ああ・・話が脱線
この写真を見ると、だいたい、ここらへんの雰囲気が分かります。
ああ、ここでお米を作ってるんだなあ・・
それで、私はここに写っている八ヶ岳の向こう側にいるんだなあ・・・
って思って涙が出ました。
北杜市で暮らしているときには、考えもしなかったご縁が出来て、
本当に本当に、にじカフェを始めてよかったな・・と思いました。
ぜひ、そんな「訳」がある、お米を、皆様にも食べてもらいたいです!!
来てねーにじカフェーーー。
私は、体のためではなく、
こんな、45年だか、120年だかしか続かない、私の命のためでなく、
環境のために「無農薬」の、農作物を使いたいと思っています。
なるべく、オーガニックの物を使っています。
地球は、あと1億年だか50億年だか、生きていくわけですから。
だから、環境を守っている仕事をされている方を、すごく応援していきたい。
そういう人たちが、もっともっと、活躍する地球になって欲しい。
あなたは、どうおもいますか?
DSC03613
さて。村上春樹新作、短編3つ。
遅ればせながらAmazonで購入。
(楽天じゃ買えなかったんだよな。)
村上春樹の短編、久しぶりで嬉しいです。
・文章が若々しくて
・それに、すごくキレキレでまぶしくて
うーーーん、すごいね。
「石のまくらに」は、三四郎だね。
可愛い私の弟、三四郎。大好き。

↑このページのトップヘ