カテゴリ:山麓新聞 > さぶろう通信

NHKスペシャル「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~

を、見ました。

すごく控えめに言っても、

ものすごくショックでした。




ある日、日本人につかまって、ただ実験のために凍傷にさせられたり、

チフスに感染させられたり、

多分、NHKでは放送できないような残忍な実験をさせられて、

ただ亡くなっていった、中国の人々が、たくさんいたんです。



もしワタシが被害者の知り合いとか親戚とかだったら、

絶対に日本の事は許せないだろうな、と思います。

許せないし、自分の子どもや知り合いや・・・世界中に

「日本を許せない」と、叫ぶと思う。

ひどい、ひどい、ひどすぎる。


やったことがひどすぎて、もう謝りようがない。

どうやっても償えないと思う。


日本は原爆を落とされた唯一の国です、

ワタシたちって何てかわいそう、

って。

でも、ワタシたちが知らなかった、

日本が行ってきた残酷なことが、こんなにもあったんです。


やはり、どうであっても、知らないことは罪だと思います。




ワタシたちは、

色々な事を知って苦しくても、悲しくても、もう謝りようもなくても、

それでも前を向いて歩いていかなければならないですね。

そのことそのものが「罪」なのかなあ、と思います。


儲かりたいとか、嫌われたくないとか、臭いとか、

あのバックが欲しいとか、嫌味を言ったり、

進路を悩んだり、出来ないことが悔しかったり、

毎日、くだらないことをグチグチ思いながらも、

生きていかなければならない、重い罪ですね。



つらいですね。

でも、つらいのはワタシではありません。

その本人です。




戦争が悪いんでしょうか?

ただ戦争が悪いんでしょうか?


それだけではない、心の「悪」があったんではないでしょうか?


戦争のために、こんなにも残忍が事が本当にできるんでしょうか?



たくさんたくさん、考えていかなければならない事です。




あなたは、どう思いますか?













                            


さぶろうです。

DSC02572


旅行してきました!!

1泊目 新潟市
2泊目 新潟発小樽着フェリー泊
3泊目 小樽
4泊目 小樽発新潟着フェリー泊
5泊目 滋賀県長浜 泊

5泊6日 長旅 全道中 車

48



33

北海道に多いコンビニ「セイコーマート」のレジで

「おにぎりあたためますか?」って言われたときに

「帰ってきたなあ・・」と思ったよ。

「このまま、北海道に戻っちゃおうかな」ってちょっと思ったよ。

DSC02590

小樽から、積丹半島を車で一周。

内陸は、なんもないけど、それがすごくなつかしくて、

木や川や、ぽつんとある家や、道路、

ひとつひとつがうれしくって、心に残したくて、

感動、感動でした。


DSC02576


海沿いは、そりゃもう、美しかったよ。


小樽・・・小樽はもう観光地だね。

DSC02619

それで、新潟にまた戻ってから、滋賀県まで車で5時間ぐらい走ってさ。

彦根城!!

DSC02601

ひこにゃん!!

かわいいなあ。

また会いたいなあ・・・。




去年の秋から「旅に行こう」と、温めていた企画。

旅が終わってみて改めて思ったのは、

「原村って、けっこうイケてる」って事でした。


ワタシが旅行先に選ぶところは

「静か」で「景色がいい」場所。

原村には、その二つがある。

というか、それしかない。


あと、

原村が、生活してて気持ちいい理由の一つが、湿気が少ないってこと。

北海道に帰って思ったのが「湿気が少ない」って事だった。

原村と同じだなあ・・って。



だからね、原村ってサイコーなんだよ。

何にもないところが、いいのよ。




観光業に携わらせてもらってる者として思うことは、


「並ぶのが大嫌い」

「人工的なものが大嫌い」

っていうひとも、少ないけど絶対にいるから、

原村はこのままでいいと思う。


原村はこれでいいと思う。


(ひこにゃんは、超々、かわいかったけどね)ww












15

こんにちは!さぶろうです。

騎士団長殺し、読みました!

騎士団長、僕にはカフカのカーネルサンダースだなあ・・・と思ったんですが。

全てはつながってる、という意味なのかなあ。

ネットでは評価が高いみたいです。

(ネットと、僕の意見はいつもいつも違うんだ)


さて、にじカフェ店主が、
たくちゃんに髪をいじってもらってるときにしていた会話がとっても気になったので、
記事にしようと思います。

それは<ネットでぽちっとすることが、誰かを困らせてはいないか?>
ということです。http://college.nikkei.co.jp/article/67114810.html



ぼくは、いつも簡単に(特に本は絶対に)
(だって、こっちの本屋って、品ぞろえ悪いんだもの)
ネットでぽちっとして買い物していた。

(これで、ネットの販売会社も、配送会社も、段ボール製造業も、儲かるんだべ?)

しかし、今は<人手不足>。

配送会社は、たいそう大変らしい。

「いつも、うちに配達をしてくれるあのおじさんが、

かわいいお嬢さんと過ごす時間を減らして働いているんだ。」

と、思ったら胸が痛んだ。

うーーーーん。ぼくの思い上がりだった。

ごめんなさい。


これからは、本は本屋で買う。

命に係わるもんでもないし、本ぐらい、ゆっくり買えばいいべ。

その本が無かったら、本屋に注文すればいい。


そのほかの物も、ここらへんにもしあるものなら、店で買う。

(こんな田舎に、欲しいものがあんまりないけど)

<うるせー、お前の地元の旭川とほとんどいっしょじゃい!>にじカフェ店主



なんだかなあ・・・・。そう、物事を一方的に見ていると、

もしかしたら、その陰で、傷ついている人がいるかもしれない

ってことに、気づけないよね。


働き方改革?プレミアムフライデー?

そっち側はプレミアムかもしれんけど、こっち側のことも見てよ!



まあ、ぼくの小さな小さな行動が、

一つの家族の交流を増やすんだとしたら、

それはそれで、いいじゃないか。


経済効果?

経済効果の裏側にあることも、よくよく考えてみようよ。



難しいね。

人手不足で、仕事が増えて、買い物に行く時間無くて、ネットでぽちっと買って、
段ボールが増えて、段ボール捨てる時間無くて・・・・悪循環、悪循環。

どうすりゃいいんだろうね。


できることを、少しずつやっていくしかないよね。

「安物を買わない」
(安物を買ったとき、その裏側の労力を考えてみる・・・)
(この服がこの値段で・・・自分だったら作れないよなあ・・・)
(それを、どこかの場所で、どこかの国で、作らされている人のことを考えてみる。)
(奴隷みたいに働かせられてるかもよ?)

「配送してもらわなくても買えるものを、ネットで買わない」
(例えば、本!!僕は、本!!)


まあ、僕にできることはそれぐらいしか、今は思いつかないんだけれど。



皆さんは、どう思いますか?















↑このページのトップヘ