24131467_1287281308043638_3584111711808443156_n

ずっと村上龍が嫌いだった。

いつも村上春樹の隣に並んでて。

今はどうだか知らないけど、
今まではずっと、私の周りでは本の話になると
「村上と言えば龍」だった。

「村上春樹が好きで・・・」と言うと
「龍だったら読んだことあるけど」と言われまくった。

そのタイトルがただただ、嫌いだった。

「限りなく透明なブルー」??
何色やねん!!

「イン・ザ・ミソスープ」??
味噌汁に何入れんねん?

「コインロッカーベイビーズ」??
気持ち悪いわ!!

「69」??
・・・・・・・


(いつも、春樹の隣に並んでるから、タイトルはよく知っとんのじゃw)


最近は、夜のテレビの「カンブリア宮殿」で見かけて
「何を作家がテレビ出てんねん」

と思っていましたが、龍さんがけっこう爽やかで、

好感を持てた。


それで、次男が13歳になったので、この本をプレゼントしたのです。


龍さんが書いた本を買うなんて、

本当に今まで思いもしなかったよ。



息子にあげた本だけど、

読んじゃうよね、活字中毒者としてはw


そしたらね、すごく面白くて、

「すべての13歳にあげる本だ」と思いました。



この本の素晴らしい点

1・漢字にルビがふってない

これは、実はすごく重要で、
私がハリーポッターを読まないのは、
その漢字にルビがふってあるからである。
(まじな話)

漢字にルビをふるのは

「読んでいるあなた、この漢字読めないんでしょう?」

という、不必要な親切をゴリゴリと押し付けられている感じがする。


本の漢字というのは、

「こんな漢字、読めないんだったら、
辞書を引いて読みたまえ」

と言うぐらい、厚かましくあって欲しいし、

そうあるべきだと思う。


言うまでもないが、13歳と言うのは、けっこう大人である。

だから、漢字ぐらい読めなきゃダメなんだ。


2・イラストがいい

3・実に多様な職業の紹介がある

この本は、「世の中には色々な仕事があるよ」
と、提案してくれている本なんだけど。

例えば学校の先生が教えてくれなそうな職業も載っている。

(例えば、戦争が好きな君へ、とかエッチな事が好きな君へ、とか
寝るのが大好きな君へ、とか)

そういうのを、丁寧に一つずつ書いてくれている。


4・第一次産業をフューチャーしてくれている

第一次産業って、すごく大事ですよね。
すごくすごく、大事ですよね。

13歳には、それは絶対に理解してほしい。




そんなわけで、私はいつか、村上龍さんに会ったら、

まず謝りたい。

今まで、ただ嫌っててすいませんでした。


この本は、本当に素晴らしい!!!

友達の子どもが13歳になったら、プレゼントしまくりたい。


あなたのお子さんにも、
ぜひ!!